京都の木の家づくり、注文住宅、リフォームのご相談は、里仁舎 www.rijinsya.com

里仁舎

ストレス緩和と集中力向上

 木造校舎では、子どもたちのストレスを緩和させ、授業での集中力が増す効果があることが報告されています。多くの研究者の実験は、完全な木造校舎を再現出来ないので、内装を木質化した鉄筋コンクリート造の小学校と、従来通りの鉄筋コンクリートの小学校の教師や子ども達に、アンケートをとるなどして実施されています。ここでは、内装を木質化した鉄筋コンクリート造の小学校を、説明上、「木校舎」、従来の学校の教室を「コンクリート校舎」と呼ぶことにします。授業中の子どもたちの疲労症状をみるために、子どもたちがよく訴えるストレス反応について、疲れ・眠気・イライラ・不快感・腹痛・頭痛などをききました。結果は木造校舎と鉄筋コンクリート校舎の違いは、授業中の子どもの疲労症状や教師の蓄積疲労にも影響を与えることが明らかになりました。
 授業中の子どもは、いろいろな疲労症状を訴えますが、疲労を訴える児童はコンクリート校舎に多く、木校舎では比較的少ないという結果が出ました。また、「眠気とだるさ」「注意集中の困難」といった症状は、コンクリート校舎では、学習のレベルが進む高学年になるにつれて増加する傾向がみられましたが、木校舎ではそのような傾向はみられませんでした。コンクリート校舎の子どもは、腹痛・風邪・耳鳴り・目の疲れ・やる気・集中の各反応で、木校舎の子どもより高い割合を示しました。
 子どもに限らず、教師にも差が出ました。コンクリート校舎に勤務する教師は疲労の訴えが多く、特に精神面での負荷に関する訴えが顕著にあらわれました。これらの結果、木校舎が子どもや教師のストレスを緩和させ、集中力を向上させることがみておれました。


All comments of post - "ストレス緩和と集中力向上":

:Haha! I'am the first! Yeh~

Comments are currently closed.

Add a Comment / Trackback url

Comment begin from here or jump up!